介護情報 navi

スポンサード リンク
気になる介護情報をはじめ、刻一刻と変化する介護を取り巻く環境をレポートします。
介護情報 naviトップ > 介護報酬改定

介護職の待遇が見直されることに

スポンサード リンク
厚生労働省の諮問機関である「社会保障審議会介護給付費分科会」は、2009年4月からの介護報酬改定の基本方針を了承し、負担が大きい介護施設の夜間業務や介護福祉士の資格を保有している者や常勤者が多い事業所、また人件費が割高な都市部や小規模経営になりがちな地域などの報酬を手厚くすることになりました。

人材不足が深刻である介護職員の待遇を改善し、介護の質を向上させる目的で、政府・与党も介護報酬を3%に引き上げることを決めています。また、住み慣れた土地での生活を維持できるよう、訪問看護やリハビリテーションを充実させ、医療と介護の連携を強化する動きもみられます。

介護保険が適用される場所を充実させるため、リハビリテーションを行う医療機関を通所リハビリの事業所として取り扱ったり、利用者1人に対し、2人が同時に訪問看護を行った場合の報酬を導入するそうです。

また、認知症介護の質を向上させる目的で、認知症の方に対する専門的な研修を受けた介護職員が行ったり、若年性の認知症患者を受け入れた事業所などにも報酬上の評価が行われる模様です。

≪2009年度の介護報酬改定で報酬を手厚くする主な項目≫
・リハビリテーション、訪問看護
・介護施設における夜間勤務
・介護福祉士、常勤職員の割合が多い事業所
。認知症介護の専門的な研修を受けた者、若年性認知症患者を受け入れる事業所
・都市部、中山間地域の事業所
・独居、認知症高齢者に対するケアマネジメント

専門性を高めることにより、介護の質の向上を促し、介護報酬に反映されることは結構なことだと思います。介護職に就かれている方々の待遇が納得行くような形で見直され、ますます改善されることを期待しています。
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。