介護情報 navi

スポンサード リンク
気になる介護情報をはじめ、刻一刻と変化する介護を取り巻く環境をレポートします。
介護情報 naviトップ > 介護療養型老人保健施設

介護療養型老人保健施設の特徴

スポンサード リンク
2008年5月から介護療養型老人保健施設(療養型老健)がスタートしました。特別養護老人ホームや老人保健施設にくらべ、看護師が24時間配置されるなど医療面が充実しているのが大きな特徴です。

但し、病状が安定した高齢者が入院する療養病床のある病院が転換する形でないと開設できないことになっています。

介護施設の不足や在宅介護サービスが行き届かず、やむを得ず療養病床のある病院に入院する社会的入院と呼ばれる方が増加し、療養病床のある病院の多くは老人病院とも呼ばれていました。

しかし、医療の必要性が少ないにもかかわらず、病院に入院することは介護施設に入所するより割高で、医療費の無駄にもつながるため、医療費を抑制しようという目的で、2006年に療養病床を削減する方針が打ち出されました。

当時、全国に約38万床あった療養病床を、2011年度には、介護保険型は廃止し、医療保険型も15万床に削減する予定です。

病床数が削減された後、医療の必要性が高い方は医療保険型の療養病床へ、他の方は介護施設や有料老人ホームなどに移動するか、自宅に戻ってもらうことになります。

そのような状況の中、受け皿の一つとして介護療養型老人保健施設が新設される運びとなったわけです。

療養型老健には、入院するほど重い症状ではないが、経管栄養やたんの吸引など、一定の医療が必要な高齢者が対象となり、終末期のケア体制も充実させるようです。

他にも、介護報酬が療養病床の時より最大で2割も削減でき、利用者負担も下がるというメリットがあるようです。

しかし不安材料として、100床の内、配置される医師の数が療養病床では3人だったのが、療養型老健では1人なので、本当に対応できるのかや、改修を全くせずに開設できるような病院も存在するため、不安の声も上がっています。

長い歴史を持つ社会的入院の問題解決につながるよう、施設の状況を見直しながら改善していくことを期待したいものです。
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。