介護情報 navi

スポンサード リンク
気になる介護情報をはじめ、刻一刻と変化する介護を取り巻く環境をレポートします。
介護情報 naviトップ > 福祉移送サービス > 福祉移送サービスの現状について

福祉移送サービスの現状について

スポンサード リンク
電車・バスなどの公共交通機関を利用できない高齢者、いわゆる移動困難者が増える一方で、新規採用の運転手にヘルパー2級の取得を義務付けるなどして、地域密着型の介護タクシーサービスを展開するタクシー会社が活動を広げ始めているようです。

私の父も車いすを利用していますが、まだまだバリアフリー化が進んでいるとは思えず、公共の交通機関を利用すると不自由な思いをするのが現状です。そんな時、とても便利な交通手段として介護タクシーがあります。

何度か利用したことがありますが、車いすごとワゴン車に載せて運んでもらいました。一般のタクシーではそうはいきませんからね。乗降しやすいように助手席や後部座席が回転するウェルキャブ車を数多く保有しているタクシー会社もあるようです。

車への移乗介助はなかなか大変なので、このような福祉車両を多く取り揃えているタクシー会社さんは、とてもありがたい存在ですね。タクシー業界は、規制緩和以降競争が激化しているので、より社会貢献度の高いサービス内容が求めらつつあります。

訪問介護事業所の指定を受け、介護保険サービスが適用される通院等乗降介助などを提供するタクシー会社もあるそうで、要介護者にとってはとても心強くありがたいサービスといえるでしょう。中には、病院の受付まで同行してくれたり、エレベーターのない所ではおぶってくれたりするケースもあるそうです。

そんなサービスを維持するために、ヘルパー資格の取得や定例の社内研修会を行ったりしているようです。研修室には、運転手がベッドサイドまで利用者を送迎することも想定して介護ベッドが置かれているそうです。

実技研修では、自分の足の位置や体の向きを考えながらの車いすからタクシーへの移乗介助をはじめ、身体の持ち上げ方や利用者への声の掛け方など、実践的な内容が中心みたいですね。いろんな状態の利用者がいますから、このような研修を数多くこなして欲しいものです。

この記事へのトラックバック
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。