介護情報 navi

スポンサード リンク
気になる介護情報をはじめ、刻一刻と変化する介護を取り巻く環境をレポートします。
介護情報 naviトップ > 有料老人ホーム > 介護付き有料老人ホームは事業者の透明性が重要

介護付き有料老人ホームは事業者の透明性が重要

スポンサード リンク
介護付き有料老人ホームを選ぶにあたり、入居する人の身体状況が大きなポイントになります。元気な状態の時から入れるホームと、要介護・要支援状態から入れるホームとがありますが、現在の身体状況から選ぶ視点を変えなければなりません。

まだ元気な状態であれば、ホームに住み替え後の暮らしが長期間に渡る可能性が高いため、設備の充実度や居室の広さなど、利便性にポイントを置いて考えるとよいでしょう。要介護・要支援状態からの入居であれば、やはり介護環境を中心に検討するべきだと思います。

どちらにおいても、どれだけ信頼のおける事業者であるかということです。質問に対する回答がしっかりとなされているか、第三者の意見を積極的に取り入れているかなど、運営管理に透明性があるか否かが重要なポイントになるでしょう。

介護の質に関しては、やはり施設の運営年数が長く、退去率の低いホームの方が良い介護サービスが提供されている可能性が高いといえるでしょう。逆に、事業主がよく変わっているような施設は何らかの問題を抱えている可能性があるので注意が必要です。

また、認知症の方に対する対応法も気になるポイントです。エレベーターや扉などに制限を加えたり、身体を拘束するなど、自由に行動できないシステムがあるかどうかチェックしておくべきでしょう。長期に渡る生活において、拘束されることほどストレスを感じることはありません。

元気な人にとっては、積極的に外出の機会を用意してくれるかどうかも大切ですね。外に出ない人は、ホーム内でもゆったりとくつろげるスペースがあるかどうかが、長期間生活する場において重要なポイントになるはずです。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110044022

この記事へのトラックバック
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。